MENU

薔薇の滴の口臭への効果を官能評価により検証

 

薔薇の滴はタニタのブレスチェッカーを使った評価方法では、
私への口臭に対して効果がないと判明!
⇒薔薇の滴 ブレスチェッカーでの効果検証結果はコチラ

 

ただ、実は並行してもう一つの評価も行っていました!!
それは、’’人の鼻’’を用いた官能評価によるもの。

 

人の鼻の嗅覚というものは弱点もたくさんありますが、
感度としては、場合によっては機械以上の精度を示してくれます。

機械はある一定の化学物質しか測定できませんが、人間の鼻は口臭のような色んな
化学物質の混ざった複合臭でも対応できたりします。

 

被験者(サプリを飲む人)はもちろん私自身ですが
口臭のチェックは自分ではできませんので
今回は私の妻にお願いすることとしました。

 

検証を行う上での注意事項は下記です。

 

検証条件

 

◎検証期間10日間
◎サプリの摂取量1日2粒(朝と就寝前の2回に分けて)
◎検証期間中の飲酒や臭うもの(キムチや納豆など)の摂取は控える。
◎余計な因子を少なくするため検証期間中の歯磨きは念入りに行う。

 

検証方法

 

 

◎測定を行うタイミングは起床直後としました。

起床時は口内の唾液が少なく、口臭自体強くなりやすいため、有意差がでやすいと判断しました。

 

◎測定は6段階臭気強度表示法を参考にした6段階評価(0〜5)で妻に確認してもらいました。
※下記が6段階臭気強度表です。
  

強度

表現方法

0

無臭

1

やっと感知できるにおい(検知閾値)

2

何のにおいであるかわかる弱いにおい(認知閾値)

3

楽に感知できるにおい

4

強いにおい

5

強烈なにおい

6段階臭気強度表示法とはいくつかある臭気強度表示法の一つです。
日本ではもっとも広く使われています。

 

以上のような条件と方法に沿った形で行った検証結果を下記に示します。

 

検証結果

 

 


※0:無臭 1:検知閾値 2:弱い 3:楽に感じる 4:強い 5:強烈な臭い

 

なんとここでの結果はブレスチェッカーでの測定値とは
対象的に使用開始翌日から口臭が弱くなっているという結果になりました。

 

その後も薔薇の滴を飲んでいる期間は
妻の鼻的には口臭が抑えられていました。

 

この理由について考察してみると、
薔薇の滴にはそもそも口臭の原因菌、原因物質等を分解したり変化させたりする
直接的な消臭成分が含まれていません

 

薔薇の滴の口臭ケアのメカニズムは、
ダマスクローズの香りで嫌な臭いをマスキング(臭いを包み込んでごまかすこと)
することがメインです。

 

原因物質自体は薔薇の滴を飲んでも消えないのは当然!
だからブレスチェッカーでは数値に変化が見られなかったと考えられます。

 

一方で官能評価の場合は臭いがしっかりマスキングされて
いたため、妻の嗅覚的には臭気が感じられなかったようです。

 

薔薇サプリの場合はほとんどがこの特長をもっています。
例えばばらじゅりえの効果もこのマスキングという仕組み!

 

ただ、できるだけ早期に口臭のケアをしたいという方には、
人の嗅覚的には十分な効果が得られるこの薔薇の滴はちょうどいいのかもしれませんね(^^)

 

⇒薔薇の滴の口臭への効果を詳しく見てみる!

 

 

薔薇の滴の効果に関して

薔薇の滴のその他情報

知っておきたい薔薇の滴のお得情報

薔薇の滴と他バラサプリ比べてみた

薔薇のもつはたらきについて

このページの先頭へ
株とは?